07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

悩める電子出版〜EINを取得する(1)〜EINってナニ?

2014/01/06
昨年の9月頃から、電子書籍を出版する!・・・ということをやり始めました。
最初は単に、PDFデータか何かを作って、アップロードするだけでかんたんに出来る!・・・そう思っていました。

ところが!

実際にやってみると、かなり大変!
データを作るのも大変だけど、それ以前に出版できる環境を作る事も結構大変だということがわかりました。
いろんなところに大なり小なり『落とし穴』があるんです!

そこで!

これまで悪戦苦闘してきたことを綴って、これから電子出版を始めよう!という方の参考にしてもらおう!

・・・と殊勝なことを思いつきました。
・・・というのも、私もネットで色々調べながら問題が解決できたわけで。
その情報を提供してくれた見知らぬ提供者さんへのすこしばかりの恩返しと、その行為に感謝と敬意をあらわそうと思って・・・

さて!

まず、電子出版を考える人の大概が思いつく出版先は、Amazon KindleかAppleのiBooks Storeではないでしょうか?
・・・ということで、この二つにまずはマトをしぼって、出版する方法をみていきましょう。

が、その前に!

タイトルでも書いたように『EIN』というものが必要になってきます。
私の場合、KDP(Amazon Kindle Publishingの略)に本を2〜3冊出版した後になって、なあ〜〜んとなく気がついてしまったというウッカリ加減だったのですが・・・

しかしこれが逆に、iBooks Storeからまず出版しようと考えていたら、EINが無いために、途端にiTune Connectでアカウント登録するフォームの段階でつまづいていたでしょう。
1冊も出版できないまま・・・!
出版する権利を獲得する以前の段階ですでにアウト!です。

KDPはその辺が明確でなくて、EINが無くてもとりあえずは出版できてしまうんですよ。
ここがまず初めの『落とし穴』かもしれませんね。
そして後で気づいて『しまった!』と急いでEIN申請にじたばたするんです。

で、ところでEINってナニ!?・・・・ですよね。

EINとはEmployer Identification Numberの略で、日本語では『雇用者番号』となります。
英語のアルクのオンライン英語辞書『英辞郎』で調べると以下のような説明が出てきます。

『〈米〉雇用者番号◆【略】EIN◆雇用者(=人を雇う立場にある企業)に付けられた管理上の番号。法人税の管理などに利用される。』

では、さてこのEINは誰に申請すれば取得できるのでしょう?
その申請先はIRS (Internal Revenue Service)というアメリカ政府の税徴収機関で、日本でいうところの国税庁にあたります。
でも、どうして日本人なのに、米国の国税庁から雇用者番号を取得しないといけないのでしょうか?
めんどくさいから取得しないで、放っておくとどうなるのでしょうか?

答えは、アメリカの源泉徴収税として本の売上から30%さっ引かれることになります。
さらに、日本で日本の源泉徴収税として10.21%ひかれることになります!
つまり源泉徴収税だけですでに40%強も本の売上からさっ引かれるわけです。

分かり易く計算すると・・・
本の値段が100円だとします。
KDPのロイヤルティー設定が35%の取り分だとします。
すると100円の本1冊分で35円の売上になります。
ここからアメリカの源泉徴収税がかかると・・・
35円×(1-03)=24.5円です。
さらに日本の源泉徴収税が10.21%かかるので・・・
24.5円×(1-0.1021)=だいたい22円が利益(計算間違えしてなければ)になります。

どんどんすくなくなっていく・・・

ところが!

アメリカと条約を結んでいる国に限り、二重に税金を払う事を免除、つまりアメリカの源泉徴収税を払う事を免除してもらえることになっているようなんです。
そしてその条約を結んでいる国になんと『ニッポン』が含まれている!
ただし、そのためにはアメリカの国税局に『私はアメリカの源泉徴収税を免除される権利があります』と言わないといけない。
そこでEIN(雇用者番号)がひつようになってくるというわけです。

これはKDPのページにちゃんと書いてあります。
が、大抵の人は見落としています。
徴収率軽減の申請 by KDP

・・・・今回はここまで。次回は申請フォームについてです。



宜しければポチ☆っ↓とお願いします。

ダウンロードする
スポンサーサイト
09:49 悩める電子出版 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。