09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

忍耐のEタックス利用準備 For Mac OS 10.5~その1

2012/02/28
申告の時期の少し前、税務署から『Eタックスで申告しましょう!』という案内が郵送されてきました。
Eタックスには興味あったものの、まずカードリーダーを買わないといけないこと、役所に手続きをしにいかないといけないことが面倒臭くって、放って置いたのです。

でも、今年は、まあちょっと挑戦してみよう・・・という軽い気持ちがムクムクしてきまして、とうとうEタックスデビューすることに決めました。

さてさて先ず最初にやる事は、住基カードを作る事。
写真付きと写真なしが選べます。
運転免許証やパスポートなど写真が付いていて、公的な証明書になるものをもっていない方は、この際写真付きを作っておくといいと思います。

手続きはお住まいの市区町村役場へでかけていって、申請書に書込みます。
申請に必要な物は、モノクロまたはカラーの写真(デジカメで撮った写真をプリントアウトしたものだとNGになる場合があります。カードにプリントできないらしい)、本人確認できるもの、申請書(役場にあります)、手数料¥500。
交付の際には暗証番号を登録します。
もしこれを忘れても誰も教えてくれませんから、どこかにメモっておく事。
でもあまり使う事もないから、忘れてしまいがちです。
忘れてしまったら、申し訳ない顔をして役所のカウンターで暗証番号の再登録手続きをして下さい。(無料)
役場によってはイヤミの一言二言言われるかもしれません・・・・

住基カード取得についての詳しい説明はこちら

住基カードを手に入れたら、今度は電子証明書を取得しましょう。
申請書に必要な個人情報を書込んで、最後暗証番号を登録します。
Eタックスを利用する時この暗証番号が必要になるので、忘れてしまいそうな人は何かにメモっておきます。
・・・・っていうか6ケタ~16ケタくらいの暗証番号なんて普通覚えてませんって!
手続きに¥500かかります。
無くしたら再発行してくれるだろうけど、イヤミの一つ二つは言われるかもしれません。

住基カードを手に入れて、電子証明書も取得したらこんどはカードリーダーです。
アマゾンで探してみました。
一番安くて(ここがポイント!)、しかもMacでも使える事(これは2番目のポイント)。
なかなかないんですよね、Macでも使えるヤツ。
選択肢が少ないから、どうしても高価な買物になってしまいます。(だから今まで無視していた)
で、ありました。
MacでもOKです。
評価も悪くありません。
買いました。¥1890。
Eタックスのページでもこの機種が紹介されています。
ほかにも幾つかあります。
くわしくはこちら

Eタックス用カードリーダー
Gemalto ジェムアルト ICカードリーダ・ライタ 電子申告(e-Tax)対応住基カード用PC USB-TR HWP119316

以降ここではこの機種について説明します。









宜しければポチ☆っ↓とお願いします。

村ポチ

仕事依頼バナー

レンタルイラストバナー
スポンサーサイト
09:49 コラム/イラスト | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。