09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

紙芝居を見に行こう!

2012/03/29
先日中之島図書館に本を返しに行った時、偶然でしたが、3階の文芸ホールで『該当紙芝居原画展』なるものを発見しました!

2階のホールから3階へ上がる階段の踊り場に、一枚の紙芝居が訪れるお客さんを呼んでいます。
『黄金バット』の紙芝居。
どくろの頭と普通の人間の男性の体。
黒いマントをなびかせています。

誰がこういう発想を思いついたんだろう!
なかなかすごいなあ・・・
全然怖くないドクロなんだけど(むしろ可愛い!)、昔の子供達はこのお話をわくわくして聞いていたんだろうなあ・・・

黄金バットの『人寄せ紙芝居』にまんまとひっかかって、展示会場へ。

中に入るとその昔は現役で活躍したのであろう、紙芝居を乗せた自転車と、紙芝居が入った道具が一式。
ガラスのショーケースが幾つか並んでいて、いろんなお話、いろんな作風の紙芝居が入ってます。
壁にも紙芝居の原画がびっしり!
布に絵を描いていたんですね。
筆のタッチまで分かるくらい間近で、作品を見る事ができます。

悪人も善人も、おじさんもおばさんも、侍もお姫様も、みんなバラ色のほおも色つや健康な顔で、幸せそうなキャラで一杯。
昔は今より生活は不便で、貧しかったのだろうけど、人々の胸にはいつも希望と夢が輝いていて、いつも上を向いて歩いていたんだろうなあ・・・・フトそんな風景が見えました。
もはや戦後ではない、高度経済成長に向かって日本がまっしぐらに突き進んでいく1960年代。


↓ずきんの侍や銃をもった正義の味方?・・・なんかこのタッチイイですよねえ・・・
(なんとなくイマのデザイナーが描いたような気配もするが・・・

紙芝居1

↓右から左へ読むのがとても『らしい』ですね。
フツーに『號』と読ませる辺りが時代を感じます。
定番の薄幸の美少女。泣かせます。
女の子はみんなおかっぱだった。(写真)

紙芝居2
タイムスリップしにいって下さい。

中之島図書館3階文芸ホール。3月26日(月)~31日(土)まで。
10:00~17:00。入場無料
主催:
一般社団法人塩崎おとぎ紙芝居博物館











宜しければポチ☆っ↓とお願いします。

村ポチ

仕事依頼バナー

ダウンロードする

レンタルイラストバナー
スポンサーサイト
17:58 雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。